June 11, 2005

ワールドユース「オランダVS日本」を観る

 前半は大人と子供といった内容ですこぶるストレスのたまる内容であった。
 しかし後半から落ち着いた試合運びが見られ、惜しくも2-1にての敗戦となる。この後半の内容ならワタシャ許すよ。
 平山は唯一見劣りしないパフォーマンスを見せ、順調に成長しているようではないか。最後の森本のシュートも実に惜しい。次はぜひ必勝で行って欲しい。

 話は変わるが328にはもう1ヶ月も乗っていない。明日こそ出動できることを祈るのみ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 25, 2005

CL「バルセロナVSチェルシー」を観る

 相変わらずバルサは細かいパスワークが素晴らしい。チェルシーが10人になってしまったとはいえ、ボールポゼッションが68%とは驚異的ではないか。
 このところリーガを見ていないので、本日の収穫は何といってもマキシ・ロペスである。
 その長髪のブロンド姿からカニージャの再来とか言われていたとか。話には聞いていたが、アルゼンチンはほんに次から次へと逸材が出てくるなぁ。
 セカンド・レグも実に楽しみである。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

February 09, 2005

WCUPアジア最終予選「日本VS北朝鮮」を観る

 うーむ、このチームはつまりどうあってもこういうチームなのね。
 内容がどうでも最後に帳尻を合わせてしまう… 2-1勝利、またしてもロスタイム。
 驚異の粘りとしぶとさ、相手チームにとってこれほどやっかいで怖いチームはなかろうなぁ。
 それにしても小笠原、中村の技術も中田の運動量もなくて中心選手になろうというのは甘過ぎだよ。これで、少なくともアウェイ戦で最初から使われることはなかろうよ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 20, 2004

「浦和VS名古屋」を観戦する

 駒場スタジアムにて観戦。いつもながらアウェイ席は狭くて閉口する。
 昨晩の夢にて0-2で名古屋が勝ったのだが、正に正夢であった。試合は1-2にて名古屋の勝ち。目の前で胴上げを見ないで済んだと思ったのもつかの間、G大阪の敗退情報が流れ会場は興奮の坩堝に。
 仲間とそそくさと会場を後にし、赤羽にてとりあえずの飲み会となる。
 名古屋の優勝はいつのことか…

●本日のFerrari
 目にせず。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 22, 2004

CL「ACミランVSバルセロナ」を観る

 ユヴェントスVSバイエルンと違い、スタディアムの雰囲気も試合内容も共に素晴らしい。
 しかしミランの強固なディフェンス力や、同じ2番を付けたブラジル代表同士のカフーとベレッチの能力の違い(ベレッチのセンタリングのひどさよ)、そしてなによりチェフチェンコのような怖さがラーションには無く、ミランの勝利となる。
 確かにロナウジーニョもトリッキーで素晴らしいが、あんなに引いてボールを貰いに来てしまってはデコやシャビと被ってしまい有機的な流れが作り出せず仕舞い。
 ともあれ実にエキサイティングで楽しい試合であった。次回のカンプノウが待ち遠しいなぁ。

●本日のFerrari
 目に出来ず。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 20, 2004

CL「ユヴェントスVSバイエルン・ミュンヘン」を観る

 スカパーのCLセットに加入して最初のLIVEである。
 しかし、イタリアが舞台となる試合はホントいつも殺伐たる環境の中、つぶし合いの様相を呈するなぁ。一部観た「リバプールVSデポルティボ」とはえらい違いである。
 お互いスペースを与えず、堅いディフェンスでほとんどシュートチャンスを作れない中、後方からのロビングをイブラヒモビッチが中央にウマく折り返すところを絶妙の位置取りとトラッピングでネドヴェドが決める!
 うーむ、バイエルンもゼ・ロベルトが個人技で何度も好機を作りかけるも、マカーイとの連携がどうにもよろしくない。バラックも消えまくりでは…
 結果、ユーベの1-0勝利となった。明日の「ミランVSバルセロナ」はどういう展開となるか実に楽しみだ。

●本日のFerrari
 時季はずれの台風の中では望むべくも無し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2004

「EL GOLAZO」を買う

 「EL GOLAZO」というサッカー専門夕刊紙が創刊されたので、さっそく買ってみた。ピンク色の紙面は、ガゼッタ・デル・スポルトを真似たのだろうか。
 ともあれどういう方向性を持つか、もうしばらく見てみたい。それにしても広告がほとんどない紙面だが、資金力は大丈夫なのかな。

eg.jpg

●本日のFerrari
 今日は目に出来ず。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 07, 2004

WYアジア最終予選「日本VS韓国」を観のがす

 というわけで録画は1時間30分で終わっていたのだった。肝心要の延長戦とその同点劇、そしてPK戦は観れず仕舞い。
 実にカナしい… しかしフラストレーションが溜まったろうからかえって良かったのかも。さて、明日からいよいよ鈴鹿の地へ。

●本日のFerrari
 今日も無し。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

October 03, 2004

WYアジア最終予選「日本VSカタール」を観る

 とりあえず来年の本戦に出ることができたのは良かったが、ただそれだけの試合だった。
 もちろん、こういったアジア最終予選は内容よりも結果であるのは重々承知の上だが、それにしてもヒドいチームだこと。
 技術が無く、攻めの形もなく、パスが二つと繋がらない… 監督が試合中にぎゃんぎゃん指示を出している時点で終わっているチームと言えよう。ちゃんとしたチームなら黙っていても自身の試合ができるはずだからである。
 中盤になにしろ人材がいない、また増嶋の精度の悪いロングキックには目を覆いたくなる。平山も、良きトップ下がいなければボールも収まらず機能しないというわけだ。
 今だけの問題ならいいのだが、果たして。

●本日のFerrari
 豪雨の日曜では…

| | Comments (10) | TrackBack (0)

September 09, 2004

WCUPアジア1次予選「インドVS日本」を観る

 アジアカップと違い、どうにも締まらない試合運びに終始する。
 足下へのパスばかりで、スペースを開ける動きやゴールに向かうドリブルを行うでもなく… 結局本山はまったく機能せず、また高原の不振は目を覆いたくなるばかりである。来月はオマーン戦なのだが、さて。

●本日のFerrari
 思いがけずF355F1を目撃するも、シャッターチャンスを逃す。

| | Comments (13) | TrackBack (0)