« April 2007 | Main | August 2007 »

May 27, 2007

角を曲がるとそこには…

 ふらりと近所を散歩していたら突然こいつに出くわしたのだった。
 なぜこんなところに!? ただただ疑問符が立ち現れるのみ。
 それにしても現実にオロチとご対面するとは、笑いが止まらないのである。

Orochi1

Orochi2

| | Comments (161) | TrackBack (2)

May 13, 2007

遙かフットボールを離れて

 初めてサッカーに関わったのは1969年のことだった。
 何のことはない、ただ小学校のサッカー部に入ったのだ。その後、プレーヤーとしては高校まで続いた。
 当時、サッカーは世間的には実にマイナーな競技だった。
 例えば何かの大会であれ、アウェイで行われる日本代表の試合中継など望むべくもなく、翌日の新聞に載る試合結果だけが全てだった。
 遠い東南アジアで行われた試合。フィールドを照らす照明灯に虫が群がり、纏い付くような暑さと湿気の中を戦う我らが代表… そんな想像上の光景が自然と頭に浮かんだ。
 そして今や伝説の番組「三菱ダイヤモンド・サッカー」だけが唯一世界への窓だった。
 その頃名古屋在住だったが、テレビ東京系列局はまだ無く、そのためこの番組を目にすることは能わなかった。ただ、愛知県の隣にある岐阜県の岐阜テレビと三重県の三重テレビは、なぜかこの番組をオンエアしていたのだ。
 今でこそケーブルTVを介して難なく視聴できるであろうが、時代は70年代だ。
 結局、プレーの参考にするという名目で、何とか無理矢理UHFアンテナを親に立てさせたのだった。アンテナの方向は、家から距離的に近いという理由で三重テレビ。映りが悪く色落ちする画面、荒い粒子の中、それでもそこで展開される上質のサッカーは素晴らしかった。
 80年代など、天気の良い日曜日ともなれば国立競技場に時々出かけた。
 僅かな観客が見守るバックスタンドでビール片手に、読売クラブVS日立なんぞをのんびり観戦したものだ。
 そして、あれよあれよの93年Jリーグの誕生。それに続くドーハの悲劇と、ジョホールバルの歓喜へ。
1997年11月1日、ぼくはソウル・蚕室(チャムシル)競技場にいた。

 でも今はかつてほどサッカーに熱くなれない自分がいる。

 今年に入って、二冊のサッカー本を読んだ。偶然どちらも同じ版元のものだ。
 一つはこれ。

 「サッカー茶柱観測所」えのきどいちろう 著 駒草出版 本体1,500円


Cha

 思い出した。良い思い出のない2002年だが、それでもスカパーで放映されていた「ワールドカップ・ジャーナル」だけは最高だった。夢中で見ていたっけ。
 その番組の司会が、えのきどいちろうさんだったのだ。
だからこの本も最高だ。ひとつひとつのコラムが実に楽しい。サッカーにふたたび回帰したくなる、そんな一冊である。

そしてもうひとつ。
「サッカーの上の雲」小田嶋 隆 著 駒草出版 本体1,400円


Kumo

 諧謔味あふれるこの人の著作はサッカーに関しても健在だ。

 さて、そろそろスタジアムに戻ってみるか。


| | Comments (93) | TrackBack (2)

May 05, 2007

悲嘆と復活の間で

 4月の我がフェラーリライフは実に低調だった。
 というのも、誠におバカな理由で328のリアバンパーを破損してしまったからだ。
 なにを隠そう、とあるPAの駐車場にてバックで駐車しようとしたおり、目測を誤って柵にブツケてしまったというお粗末さ…
 いささか愕然としていたのであったが、不幸中の幸いは、ボディにはダメージがなかったことか。。。
 ショップの店長に相談し「全く心配いりません。元通りになりますよ」との力強いお言葉にホッとするも、そこはそれ、戻ってくるのをやきもきしながら待っていたのではあった。
 そして4月末日、328は再び我が手に。傷は見事に消滅していた!
 店長曰く「板金屋さんは魔法使いですから~」 うん、ホントその通りだねw マイッタ!

・涙涙のbeforeの図
Before


・うれし涙のafterの図
After


| | Comments (122) | TrackBack (1)

« April 2007 | Main | August 2007 »