« August 2006 | Main | October 2006 »

September 24, 2006

横浜赤レンガ倉庫にて

 実に気持ちの良い天候の中、横浜赤レンガ倉庫にて行われた清水草一氏主催の「フェラーリ節約・破滅ミーティング」に参加する。
 実は2003年に東京ドイツ村で行われた「大乗フェラーリ・ミーティング」も参加していたりするのである。最も当時は予備軍のひとりとしてであったが。
 当時と今とで心理的に何か違う点があるかというと、多くのFを見て「おお! フェラーリだぁ!!」とめったやたらに心躍らなくなったというところか。。。 
 いや、もちろん様々なFを目にして興味深いことは事実ではある。が、なんと言うか最後は自分の328にだけ目がいくのだ。やっぱり自分の子が一番カワイイという、運動会における親バカ心理と同じようなものかもしれませぬ(^^;;
 会場では5月のプチオフで知り合った方々とも再会を果たすことができた。
 また海風が心地よく、空も広く、赤レンガ倉庫自体が非常にリラックスできる立地で、途中からはミーティングそっちのけで散策にもいそしんだのである。
 帰りの首都高横羽線では同じく帰還中のフェラーリたちと併走でき、改めてフェラーリは走る姿を見てなんぼであることよ、と実感しきり。かくしてフェラーリ漬けの一日は過ぎゆくのであった。

Met01

Met02


・赤レンガ倉庫横にあった「工作船展示館」内の工作船。海上保安庁の巡視艇共々実に興味深い。
Met03

| | Comments (8) | TrackBack (1)

September 18, 2006

予感的中

 せっかく手に入れたイグニションキー・ブランクだったが、デジタルノギスにていろいろと測ってもらったところ、ある部分がオリジナルキーより0.1mm深掘り過ぎているとか。。。
 おいおい、0.1mmぐらいのことでこれかよ!? それではイタリアンの風上にもおけないではないの!
 ネットでキー製作について調べてみると、わりとこういった例が報告されているのであった。ふーむ、してみると大概のキーコピー屋が持ち込み不可なのも分かるような気がする。
 持ち込みOKな絶対安心のキーコピー屋なんてあるのかなぁ? 難しいもんだね。
 それはともかく、さてさてどうしたものか。デジタルノギスを手に入れて、なんらかのものでパテ充てしてみようかしらん、うーむ。


●Fとは無関係だが、本日の夕陽はあまりに素晴らしかった。
Sunset

| | Comments (17) | TrackBack (0)

September 16, 2006

不具合、来襲

 前回記したイグニションキーブランクだが、加工した後、本日初始動を試みたところ、なんと差し込んだキーが回らないのである!!
 ああっ、加工失敗か… その時は早く出かけなくてはならなかったためスペアキーにて発進したのだが。。。
 明日もう一度試そうと思うが、哀しい結果になる予感がぷんぷん…
 加えて前部ボンネットを全開にした後、なぜかダンパーが何かに引っかかって押せども引っ張れども閉まらなくなってしまったのだ!!
 328初期型の場合小さなノッチを押しながら閉めるのだが、ダンパー受けがどうにもガタついてしまったせいか、ダンパーがうまく収納できなのであった。
 相方と二人で奮戦すること十数分、なんとか偶然に閉めることができたのだが。
 これで当面前部ボンネットは全開禁止と相成った。不具合は重なるものよのぉ… orz

| | Comments (142) | TrackBack (2)

« August 2006 | Main | October 2006 »