« December 2005 | Main | February 2006 »

January 29, 2006

328事始 その二十三 (ウインカー、ハザードランプについて)

 というわけで、今度はウインカーおよびハザードランプである。
 リアは、外側の二灯がその役目を担っているわけだ。これも別段特別なことではない、ただ普段は目視できないというだけのことである。

・フロントサイド
fwl

・リアサイド
rwl


・本日のご同輩
六本木の防衛庁跡地前にて575Mマラネロと遭遇す。
575M


| | Comments (44) | TrackBack (0)

January 26, 2006

328事始 その二十二 (リアライトについて)

 前のライトの次は、やはり後ろである。
 328もフェラーリでおなじみの4灯丸型ライトの後ろ姿を持つ。ライト・オン時あるいはブレーキを踏むと、ごらんの通り4灯の内、中側のふたつが点灯するのである。
 では、外側は? それはまた次のトピックにて。

rl

| | Comments (61) | TrackBack (0)

January 22, 2006

328事始 その二十一 (スモールライトについて)

 328のスモールライトである。別段、特別なことは何もないのだが運転中は確認のしようがなく、こんな機会にしみじみと見ているわけなのだ。

fpl


| | Comments (40) | TrackBack (0)

January 15, 2006

一周年めの走破距離

 この9日でちょうど納車一周年だったわけだが、さて、この一年で328と走った距離は如何ほどであったか?
 現在の距離計が示す数字は「35,985km」、納車時は「33,159km」であった。
 すなわち、ずばり「2,826km」ということになる。
 ふーむ、これは意外に走っていたということであるのかな。

35958

| | Comments (37) | TrackBack (0)

January 14, 2006

Fuel Filler Capを買う

 Fuel Filler Capすなわち燃料注入口のふたを買ったのである。といっても現在のものに不具合があるわけではない。
 お馴染みのItalianCarParts.Comから送られてきた通販カタログを見て、ついつい衝動買いなのだ。実際、今のふたは無骨で色気のないものだからね。

Ferrariのロゴ入りFuel Filler Cap
cap

| | Comments (69) | TrackBack (0)

January 11, 2006

328事始 その二十 (室内灯について)

 よく考えると、この9日で我が328は納車一周年を迎えていたのだった。すっかり失念しておった。
 これも、トラブルもなく328がすっかり日常と化した故のことであるとしておこう。
 実際この一年で走行距離は如何ほどだったのか? 今度の休日にでも確かめてみるつもりだ。

 さて、本日は328の室内灯についてである。
 ごらんの通り、天井の真ん中に丸ランプが一つ。そして、フロントガラス寄りにある蛸の吸盤のような形状をしたものはスポットライトである。
 間にあるふたつの穴は、各々のライトのON/OFFスイッチとなっている。
 この室内灯だが、通常328のドアを開けると自動的に点灯するようになっており、なかなか小癪な技を使うのだ。但し、スイッチオンにしたまま消し忘れても、ドアを閉めたとて消灯しないのだよ。
 その場合、忘却度合いが酷いと最悪バッテリーが昇天してしまうことになる… くわばらくわばら。
 
rl


| | Comments (22) | TrackBack (0)

January 09, 2006

328事始 その十九 (サイドミラー調整スイッチについて)

 本日は今年最初の出動をしたのである。常磐道はすこぶる空いており、もう気持ち良いのなんの。
 普段の渋滞に喘ぐ悲しげな音とは違い、絶好調のエンジン音に328もさぞや嬉しいことであったろう。
 
さて、ともあれ久々の328事始である。本日のお題はサイドミラー調整スイッチ。運転席側のドアノブの上部に付いているのだが、これがもう実にヤワなのだ。
 写真の右側の大きなスイッチがミラーを動かす角度調節レバーで、左はミラーの左右選択スイッチである。
 見てお分かりの通りガシガシ動かすとすぐさま機能不全を起こしそうだが、実際早くも不調な兆候があり、あんまり触りたくない部分ではある。

mirror

| | Comments (92) | TrackBack (0)

January 01, 2006

伊奴神社へ参る

 2006年1月1日戌年。というわけで、現在名古屋に滞在中でもあり、全国で唯一「いぬ」と読む神社として高名な神社が名古屋市西区にあるとの情報を得て行って参りましたよ、伊奴(いぬ)神社
 なんとも偶然というか、こんな巡り会わせでもない限り一生行く機会はなかったであろう伊奴神社訪問ではあったが、土着的な実に良い神社に感心しきりではありました。甘露甘露。

inus3


inus1


inus2


| | Comments (86) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »