« November 2005 | Main | January 2006 »

December 30, 2005

今年最後の走り納めをする

 伊豆へ出かけて以来、328を出動することはなかった。
 思えば一年前の今頃は大雪で納車が延びたのであったなぁ。というわけで快晴の本日、本年最後の走り納めとして328出動と相成ったのであった。
 最近の寒さが続く中、始動に手間取るかもと思っていたのだが、地下駐車場は気温変化が少ないと見え、車内は別段冷えている気配がない。どころか、キーを捻るやたちどころにエンジンは目覚めたのである! 実に素晴らしい。
 首都高を1時間ほどかけて、ぐるりと回ってきたのであった。途中渋滞することもなく、まずまずであったと思う。
 328よ、来年もその調子で宜しく頼みますぜ。

328is


| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 13, 2005

「Gmジーマガジン」とやらを買う

「Gmジーマガジン 特集 Italy.Vol.1 Ferrari GOODS イタリア雑貨のマガジン誌」 G magazine出版社 1,800円

 実に謎の本である。一見ムックのようだが雑誌コードもなく、ISBNのみなので書籍扱いなのかしらん。
 奥付には「イタリア雑貨のマガジン誌」とあるのだが、なんと背は「インテリア雑貨のマガジン誌」となっておる。誤植か? 全体的に造りも素人くさく、だいたい版元名がG magazine出版社って何?
 まぁ、いいや。ともあれ中身はカタログ雑誌の一種である。Ferrariにまつわるショップだの、ウェアだの、PCだの、グッズが載っているのだ。最も編集サイドからの気の利いた造りがあまり感じられないのではあるが…
 Ferrari関連の珍品として所有するのも一種オツなものかもしれんね。

gm

| | Comments (15) | TrackBack (0)

December 12, 2005

伊豆の一夜

 この週末は友人家族総勢12名にて、泊まりがけ大忘年会を実施すべく伊豆へと赴いたのである。土曜日は快晴に恵まれ、一路伊豆へと東名をひた走ったのであるが、久々のロングドライブは実に爽快であった。
 ただ、前日まで週末の天候にやきもきさせられ、こういうところがてんで実用向きではないのだなぁ。
 温泉・宴会と大いに盛り上がった一夜が過ぎた翌朝、あまりの低気温の中で夜を過ごしたせいか、始動した328のエンジン音は不整脈を打つがごときであった。なによりシフトがしばしどのギアにも入らず非常に焦ったのだ。やれやれ。
 帰途は、御殿場を過ぎるあたりで雨が降り始めたため急いで帰京するに至り、いささか残念ではあった。
 ところで上りの御殿場付近の東名であるが、カーブに下り坂が続くところをかっとんで行くクルマを見受けるがうーむである。ワタシャ、コワくてとてもあのスピード域で突っ込んではいけましぇん。
 第一、道路の継ぎ目や段差、舗装の荒れを通過する度、ステアリングが跳ねるのだよ。やはり我がFには平坦で真っ直ぐな道がラクでいいのだ。

・初めて車外より捉えた我が328の走行中のお姿。

328_tomei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

Ferrari公認液晶モニターを買う

 というわけで、ついつい購入してしまったのだ、Acer製Ferrari公認の液晶モニターF-20を。
 いえね、前々からそろそろウチの液晶モニターも替え時だーなとは思っておったのですよ。いくらEIZOとはいえ、もう5年は経ているし、15インチではいささか苦しいものがあるしね。
 しかし、とは言うものの壊れているわけで無し、おいそれと買い換えという踏ん切りもいっかなつかなかったわけである。
 そこにこのモニターの発売情報が。えい、良い機会だと購入に踏み切ったわけであった。
 実際の所、モノは悪くないと思うのである。キャバリーノ・ランパンテのエンブレムが、ただのシールが貼ってあるだけってのはいささかチープだが、20インチの広大な画面はただの一かけらのドット欠けも無いのである。
 実に素晴らしい! 液晶パネルについては、ね。液晶モニターのドット欠けによる悲嘆話もよく耳にするが、前回のEIZOといい、ワタシはよくよく運が良いようだ。

f20

| | Comments (123) | TrackBack (0)

December 06, 2005

26年目のコンプリート

 昔々、植草甚一がたまらなく好きだった。
 浪人時代、参考書を買うからと貰ったお金の大半を彼の著作につぎ込んだワタシであったのです。ああ、今更ながら懺悔しますよ。
 そんな中、創刊されたのが「植草甚一スクラップ・ブック 全41巻」であった!
 お金に余裕のない当時、必死に買い集めていったのだが、第3期11巻の最初の一冊を最後にとうとう力尽きたのである。
 以後、働くようになった折、思い出したように購入しようとしたこともあったがもはや絶版であった…
 その植草甚一スクラップ・ブックが、なんと晶文社創立45周年とかで復刊なったのである! もちろん買い逃した巻を貪り購入したのは言うまでもない。
 本日、その最後の一冊を手に入れたのだ!
 ちなみに、当時最後に買った「ぼくのニューヨーク案内」の奥付を見ると、1979年7月20日 二刷となっている。ああ、実に26年目にしてようやく全集がコンプリートと相成ったのである。これが泣かずにおらりょうか。。。

・感涙の最終巻である。

JJ




| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 03, 2005

ご同輩あれこれ

 今期初めてJリーグを生観戦する。JEF VS 名古屋G8。結果は逆転負け… 、もちろん名古屋が。。。
 フクダ電子アリーナは仙台スタジアムに似たとても良いスタジアムであった。だがまぁ、我がチームの今期は目を覆うばかりである。来期はこのまま順当なら2部落ち最有力候補であろうよ。
g8vsjef

 そこで気を取り直して、最近目にした我がご同輩たちの面々でも見て気を紛らわそうと思う。しかし、みごとにスパイダーの花盛りである。

・新宿にて355スパイダー。
 355spider

・これも新宿にて360スパイダー。
360spider

・なぜか西日暮里における355スパイダー。

355sp_nn

| | Comments (49) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »