« 328にポリマー加工を施工する | Main | 大学祭にて »

October 31, 2005

ポリマー加工の甲斐もなく…

 だがしかし、良い気分で首都高を巡航中、それは起こった…

 首都高6号線を箱崎に向かう途上、両国付近右車線を走行中のこと。
 我が328の前をトラックが走っていた。荷台には巨大なエアコンの室外機が載っている。
 なんとなくイヤな予感がしたその時、突如荷台から発泡スチロールとそれに絡まったビニールカバーの固まりが路上に落っこちたのだ!
 瞬間、回りの風景がスローモーションに変わった。迫り来るブツを見ながら、咄嗟に左車線にクルマがいないのを目の端で確認、正面から車体下に吸い込むことを避けるためステアリングを左に切ったのだ。
 車体を大きく左車線にはみ出させて避けようとしたが、ブツは我が328の右端に当たりながら後方へ流れていった。

 やれやれ。
 いつものスタバで一息入れようとクルマを降り、クルマの右前方を調べてみたがキズ一つ無くホッとしたものだった。
 が、ボンネットのFerrariロゴのすぐ右上、最初は鳥の糞かと見まがう白い汚れが目に入ったのである。よく目をこらしてみると、ななんと塗装が禿げているではないの!!
 しかし、くだんのブツが当たったにしては回りに全くキズや擦れた後ひとつない。となると、以前から補修劣化していた箇所が欠けたと見るべきか。
 相方も、以前からそのあたりに補修痕があった気がすると宣う。しかし何故今頃欠けるかなぁ? ポリマー加工を行った影響なのであろうか? そこに急の風圧がかかったからとか?
 ともあれ購入ショップにて補修じゃ、補修。

■後日追加の考察
 上記キズだが、よく考えるとやはり原因は飛び石ではないかと思うのであった。場所的に?だが、最も合理的理由ではあるしねぇ。


・ボンネット上のキズ
kizu


|

« 328にポリマー加工を施工する | Main | 大学祭にて »

Comments

You actually make it seem so easy with your presentation but I find this topic to be actually something which I think I would never understand. It seems too complicated and very broad for me. I'm looking forward for your next post, I will try to get the hang of it!

Posted by: free Music downloads | April 03, 2015 at 11:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30997/6798595

Listed below are links to weblogs that reference ポリマー加工の甲斐もなく…:

« 328にポリマー加工を施工する | Main | 大学祭にて »