« May 2005 | Main | July 2005 »

June 26, 2005

日暮れの出動もまた楽し

 昼間はもはや真夏を思わせる暑さ。その上、耐え難い湿気。
 というわけで日中はとてもドライブする気にならないこの頃ではあるが、6時を過ぎれば風も出て過ごしやすい気温となり、ちょいとお台場あたりまで出動したのである。
 都内は程よく空いており、実に快調な走りを堪能。途中、スタバで憩いながら3時間のお出かけとなったのであった。

・首都高上から見るコーンズ

cornes

・本日のご同輩
 首都高にて黒のモデナに追走する。

360it

| | Comments (55) | TrackBack (0)

June 25, 2005

映画「フォーガットン」を見るも…

 相方の帰宅時間に合わせ映画を見に行くことに。ちょうどいいタイミングで上演のあった「フォーガットン」を鑑賞したのである。

 最愛の息子を失って14ヶ月、いまだテリーは悲しみから抜け出せないでいた。ところがある時、息子の痕跡が次々と消えてゆく。写真やテープに息子の姿が写っていないのだ。
 夫や精神科医は、初めから息子などいなかった言う。すべてテリーの幻想だと。
 かつて息子のガールフレンドの父親も、自分には娘はいないと言う… 一体狂っているのはどちらだ?

 ここまではどういう展開になるのだろうと、期待にフルえるミステリーであったのだが…
 これ以降は申し訳ないが、ネタばらしを行いますけど、そりゃないよなという展開が待っていたのであった!

 あらゆる人々の記憶から息子の痕跡が消える。それどころか物理的痕跡も失われてゆく。これはもう人間業ではない! そうなのだよ、となれば全ては宇宙人の仕業なのである!
 おーい、そりゃないだろ?! いきなり伏線もなくSFなの? しかもほとんど意味無しストーリーの。唖然、呆然、慄然… 映画館のそこかしこでは失笑が聞かれたのである。
 うーむ、実にトホホな映画であった。カネ返せ、と言いたくなった映画は何年ぶりだろう。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

June 20, 2005

F1 アメリカGPに失望する

 今年のレギュレーションにおいて常に論議となったタイヤ問題。ここアメリカGPにて実にバカげた事態となってしまった。
 なぜか安全基準を満たせないとて、ミシュランを履いた14台がフォーメーションラップ後リタイアするということに!
 出走したのは結局ブリヂストンを履くフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台のみ。空しい空しい73周が空費されたのである。
 これは愚かなFIAの責任だ。もちろん不可解なミシュランも責められるだろう。
 ただただ失望あるのみ…

| | Comments (18) | TrackBack (1)

June 18, 2005

328事始 その十八 (ワイパーブレードについて)

 今更ながらよくよく見て気がついたのだが、我が328のワイパーはゴムをはじめあまりにヘタレていたのである。ゴムは一部が欠け、ワイパーブレードはシミなどで汚れているというわけ。
 そこでワイパーブレードを取り替えるべく、東雲のスーパーオートバックスまで出動したのであった。
 328にはいつのものか分からないが、BOSCHのものが付いていたのである。ま、純正品ではなかろうからと駐車場で現物をはずし、コレと同じ物をとスタッフに伺う。
 いろいろと調べてはくれたのだが同じ製品はもはやないようであり、BOSCHの似た製品を取り付けてみるも幅の寸法がやや合わずあえなく装着不可となる。
 スタッフの方が「かつてモンディアルにPIAAの製品なら大丈夫だった」とのことで、PIAAを試すことに。結果はOKで、結局PIAA製品を購入したのであった。

wiper

・本日の一台
 スーパーオートバックスにおけるアルファロメオ・スパイダー。実にいいなぁ。

arspider


| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 13, 2005

昭和のいる・こいる40周年記念公演

 というわけで我が家は相方ともども実は、昭和のいる・こいるの大大大ファンなのだ。確か上野の鈴本で生で触れ、もうたちどころにやられてしまったのである。
 で、今回「のいる こいるのヘーヘーホーホー40年」という40周年記念公演が行われることになり、すばやくチケットをゲットすべく申し込んだのであった。
 場所は日暮里サニーホール、この選定もまた実にいいではないか。

noicoi

・本日のご同輩
 水道橋にてモデナに遭遇。とはいえ見かけたのは昨日なのだが。

360cg

| | Comments (34) | TrackBack (0)

June 12, 2005

我も魔方陣スーパーカーミュージアムへ行く

 ほぼ一ヶ月ぶりに出動する。なるべく高速である程度の距離を走りたかったため、こちらのブログで紹介されていた栃木にある魔方陣スーパーカーミュージアムまで出かけてきたのである。
 行きは東北自動車道もガラガラで調子よく飛ばせたのである。最も途中でポルシェ・カイエンに煽られたのであったが…
 魔方陣スーパーカーミュージアムはこじんまりとした中で、貴重なクルマについてミュージアムの人が1台1台丁寧に説明をしていただくというオマケ付きで、贅沢な時間を過ごせたのであった。
 そして偶然にも、我が328納車時にショップでお見かけした同じく328乗りのじろー氏に出会い、しばし歓談。実にゆったりとくつろげた休日であった。

・魔方陣スーパーカーミュージアムのエントランス

ent

・ミュージアム風景

msm

・本日のご同輩
 じろー氏の328とのそろい踏みです。

d328

| | Comments (27) | TrackBack (3)

June 11, 2005

ワールドユース「オランダVS日本」を観る

 前半は大人と子供といった内容ですこぶるストレスのたまる内容であった。
 しかし後半から落ち着いた試合運びが見られ、惜しくも2-1にての敗戦となる。この後半の内容ならワタシャ許すよ。
 平山は唯一見劣りしないパフォーマンスを見せ、順調に成長しているようではないか。最後の森本のシュートも実に惜しい。次はぜひ必勝で行って欲しい。

 話は変わるが328にはもう1ヶ月も乗っていない。明日こそ出動できることを祈るのみ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 05, 2005

東京スペシャルインポートカーショーにて過ごす

 本年もこの土日と東京スペシャルインポートカーショーにてお仕事に邁進したのである。
 しかし昨年と違い、もう東京オートサロン化しておるなぁ。フェラーリ、ランボと集まってはいたのであるが、別料金とはどういうことか!
 ともあれ全体的に上品さとは見る影もない。疲れた2日間であった。

・マンガ「カウンタック」の梅澤春人氏のLP400!

LP400

・うーむ、動いているのを初めて見たデイトナ

Daytona

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 02, 2005

CD「タカダワタル的」が届く

 注文しておおよそ1ヶ月、やっと届いたのであった。CD「タカダワタル的」。
 映画「タカダワタル的」のサウンドトラックでもあり、また高田渡の遺作でもある。
 さっそく耳を傾けたのだ。「ブラザー軒」「私の青空」、ただただ泣けた…

takada

| | Comments (31) | TrackBack (0)

June 01, 2005

328事始 その十八 (ナミダの年間維持費!?)

 さて、実際のところフェラーリといっても308や328や348などは、さすがに月日が経ち値段も相当こなれてきているワケである。
 さりとて、ではちょっくらワタシもという人が大量に発生しないのは、やはりその分メンテナンス費用がオソろしいのではと考えられているからでありますな。
 世間に流れる風説によると購入費プラス年間メンテナンス費用に100万は用意しろとか…
 その辺はどーなの? とつらつら考えるに、購入早5カ月にしてメンテ費はオイル交換代1万数千円ぐらいだ。後は無問題、ヨカッタヨカッタ。
 しかしホントにそーか? と改めて維持費をよくよく見てみたらば…
 まず駐車場代、これが実にイタい! いくら個別トレイ方式のマンション地下立体駐車場とはいえ月4万年間48万! 加えて保険料が26万プラスで早くも合計74万! この度支払った自動車税が6万強にて80万… ああタイヤも替えたんだっけの+8万で88万。思い出したのETC前払いが5万、すなわち93万… これにガソリン代が平均月1万にて、夏季を除くおよそ7カ月稼働で7万! 都合100万!
 おいおい(^^; ただ所有しただけで100万いってんじゃん…
 これで本当に故障してしまったならなんとする!
 我が家は急遽、恒久的緊縮財政措置を発動し、相方は泣く泣く化粧品をSK-IIから米ぬか美人(日本盛製)へと代えたのでありました。

DSCN0603


| | Comments (400) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »