« March 2005 | Main | May 2005 »

April 29, 2005

328日和を満喫する

 2週間ぶりに328にて出動す。タイヤを替えた効果を見るべく、湾岸→アクアラインから木更津を経由してぐるっと東京湾を一巡りしてきたのである。
 しかし、あたしゃやっぱりあんまりスピードを出すのはコワくていけないようだ。特にアクアラインの洋上コースでは横風がひどくて車体が流され、コワいのなんの。
 途中、走り屋ムードムンムンのRX-7にピッタリつかれた後、ぶち抜かれる。ご老体ゆえ追いかける気もなく適度に流しておよそ200kmの走行距離となる。これだけ5速もフルに使った走りをすると、エンジン音はすこぶる快調にてホント328を堪能した一日であった。
 
・本日のご同輩
 355、360スパイダーそして328GTSに出会う。写真は昨日目にした328GTS。やはりいつ見ても美しいと思う。

328s


| | Comments (11) | TrackBack (0)

April 26, 2005

「戦場の現在」を読む

「戦場の現在(いま)」 加藤健二郎・著 集英社新書 714円

 著者は若いときからひたすら戦場を欲していたとか。しかし兵士として能わず、いつしか戦場ジャーナリストとして戦場を巡る身となったのである。
 さて、著者によって描かれる戦場の今とは、ユーゴ紛争を例に取ると現代の戦争は経済効率の支配する様相を見せるのであった。
 すなわち一つがメディア戦略という側面。我々がイメージするユーゴ紛争では、民族浄化に狂奔するセルビア人という図式が主であったが、例えばセルビア人が殺害されたとてそれをメディアに取材させる際、死体袋に入れてブリーフィングを行ったという。この場合、取材する側はいわば戦時の絵を欲しているため、ほとんど報道陣の関心を呼ばなかったとか。
 むしろ悲惨な現場をそのまま取材させた側がより多く報道に乗って有利に運び、死者を手厚く弔った結果としてセルビア側はメディア戦争に負けることとなった。
 またもう一方の例はユーゴ空爆。我々がイメージする空爆は、東京大空襲のような無差別絨毯爆撃だが、現代の空爆は湾岸戦争でも見たとおり、重要拠点へのピンポイント爆撃なのだという。
 『近代戦におけるピンポイント爆撃は、このように「シーン」としていた夜に、突然爆発音が轟いて、再び「シーン」とした夜に戻る、という具合である』
 従って、ユーゴ空爆時においても、人々は日常生活を過ごしつつも空爆を受け入れる日々であったようだ。
 その他、サンディニスタ政権時のニカラグア、バサエフと共に過ごしたチェチェンやイラク戦争等々、常に戦闘地帯に身を置いた著者の話は実に興味深い。

senjo

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 17, 2005

増し締めを行う

 タイヤ交換から早くも100kmほど走行したため、本日増し締めにタイヤ購入店に向かう。
 これにてとりあえず足は万事OKである。走っていると、心なしかスピードに乗るのがずいぶん早くなったように感ずる。今度は高速で乗り心地をじっくりと試してみよう。

・本日のご同輩
 丸の内にてF355とF360に出会う。
355_m

360_m

| | Comments (7) | TrackBack (1)

April 14, 2005

高田馬場にてカレーうどんを食す

 高田馬場はさかえ通りにある讃岐うどんのお店に行く。
 店名は神夢彦【かむげん】といい、ぶっかけも良いが、肉味噌カレーうどんが実に美味であった。

kamgen2

kamgen1

| | Comments (258) | TrackBack (1)

April 09, 2005

328事始 その十六 (車載用具について2)

 車載用具のふたつめはこれ、スパナ、ドライバー等々。出番はあるか? ともあれ付いてきた用具は先般書いたジャッキとこのスパナ類であった。

t2

・本日のご同輩
 550マラネロ。但し、「故障中につき、ローダー待ち」との張り紙が…
550

| | Comments (1422) | TrackBack (0)

April 07, 2005

328事始 その十五 (車載用具について1)

 我が328には車載用具がふたつ付いてきたのである。
 そのひとつがこれ、皮製バッグに包まれたのジャッキとレンチのセット。見るからに年季が入っているというか、はっきりいって汚いのだ。
 はたしてこのツールの出番はこれから後あるのであろうか?

t1


| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 03, 2005

328事始 その十四 (タイヤを交換する)

 本日、かねてより懸念していた古タイヤの交換を行ったのである。
 銘柄は予定通りブリヂストンのPOTENZA RE050を取り付けた。328のタイヤサイズは、フロント205/55R16、リア225/50R16となっている。
 乗り心地はまだまだ確かめてはいないが、少なくともロードノイズが軽減したような気はする。
 ともあれ100kmほど走って一皮むかなければね。

bs

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »