« 明日へのその一 | Main | F1 スペインGP予選を観る »

May 07, 2004

ハーラン・エリスンは何処へ

 『片山恭一の「世界の中心で、愛をさけぶ」が累計251万部に達し、国内の作家の小説単行本の最多部数記録を塗り替えた----』とか。ま、そんなことはよいのだが、本書の題名もそれに一役買っているとは思うのである。なかなか悪くないタイトルだよね。
 でもハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」The Beast that Shouted Love at the Heart of the Worldを知るものにとっては、いささかズルいと思わざるを得ないのである。
 その昔、ハヤカワSFシリーズの一冊として初めて目にしたこのなんともエモーショナルな題名に魅かれたものだった。ロジャー・ゼラズニィの「その顔はあまたの扉、その口はあまたの灯」と並んで思い入れがあるのだ。
 当方の一方的な思い入れとはいえ、さらりと上澄みだけをすくい上げてゆくってのはどうもね。

●本日のFerrari
 実車にお目にかかれず。夜、TVにて「60セカンズ」をもって目の保養とす。

|

« 明日へのその一 | Main | F1 スペインGP予選を観る »

Comments

別のblogでもコメントしてしまったのですが、ホント、ハーラン・エリスンを知るものにとっては「タイトル盗作しやがって」という感じです。
ロジャー・ゼラズニィの「その顔はあまたの扉、その口はあまたの灯」と言えば『伝道の書に捧げる薔薇』に収録されている作品ですね。私はこの表題作のタイトルが好きで好きで、一時出版社在庫なしになっていたときに、早川書房に増刷嘆願を出しまくっていました(^^;)。
ゼラズニィはカッコイイ作品タイトルが多いですよね。「イタルバーに死す」とかも好きなタイトルです。(作品で好きなのは《真世界》シリーズなのですが。あ、話題が脱線)

海外SFネタには食い付いてしまいます(^^;)。

Posted by: RICCO | May 08, 2004 at 01:08 AM

I'm impressed, I must say. Seldom do I come across a blog that's equally educative and engaging, and without a doubt, you have hit the nail on the head. The problem is an issue that not enough men and women are speaking intelligently about. Now i'm very happy that I stumbled across this in my hunt for something relating to this.

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 01:18 PM

Yes! Finally something about best dating sites. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: quest bars cheap australia | January 21, 2015 at 07:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30997/556041

Listed below are links to weblogs that reference ハーラン・エリスンは何処へ:

» 「世界の中心で愛を叫… [Check Bouquet]
んだけもの」だろう、普通。 というのはSF者の言い分ですな(^^;)。何やら似た [Read More]

Tracked on May 08, 2004 at 11:16 AM

» Paxil withdrawal symptoms. [Paxil withdrawl time.]
Paxil withdrawal. Paxil. Paxil withdrawal and skin irritations. Paxil withdrawl time. Paxil cr versus effectiveness. [Read More]

Tracked on July 11, 2007 at 05:44 AM

« 明日へのその一 | Main | F1 スペインGP予選を観る »