« 大相撲7日目を観る | Main | 「地獄甲子園」を観る… »

May 16, 2004

Ferrariのある風景 #2

 新宿通りでマセラティスパイダーザガートを駆るひとりの女性を見た。
 瞬間、私は後ろを振り返り、いままでいた紀伊國屋書店を見やり、次いで己が手にする書物を見つめ、恥じた。
 曰く、
 「読書は他人にものを考えてもらうことである。一日を多読に費やす勤勉な人間は、しだいに自分でものを考える力を失って行く」

 頃は21世紀だってぇのに、例によってなんてこった。
 化石燃料が枯渇する前に---- 328、ほしいものはほしい。まずはここから。

●本日のFerrari
 近所のガレージにて闇の中、F355のシルエットを見つめる。

|

« 大相撲7日目を観る | Main | 「地獄甲子園」を観る… »

Comments

あれ、けんちゃんって、ショーペンハウアーとかも好きだったっけ?

Posted by: pata | May 17, 2004 at 01:37 PM

これは前にpataに教わったヤツの引用だよ。

Posted by: ken | May 17, 2004 at 10:15 PM

『読書について』いいよねぇ

Posted by: pata | May 17, 2004 at 11:26 PM

Thanks for finally talking about >Ferrariのある風景 #2: フェラリスタ日乗

Posted by: Brittney | October 01, 2013 at 03:27 PM

you are actually a good webmaster. The website loading pace is amazing. It kind of feels that you are doing any unique trick. Moreover, The contents are masterpiece. you've performed a great activity in this subject!

Posted by: best dating sites | December 24, 2014 at 04:43 PM

If you are going for best contents like I do, simply visit this website daily since it offers feature contents, thanks

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 04:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30997/605864

Listed below are links to weblogs that reference Ferrariのある風景 #2:

« 大相撲7日目を観る | Main | 「地獄甲子園」を観る… »